So-net無料ブログ作成
検索選択

突き指余談 [雑感小文]

突き指余談

突き指は引っぱってはいけない。

重大な損傷がある場合はもちろんのこと、軽いねんざや打撲も引っぱってはいけない。

ねんざの大部分は靱帯(じんたい)がねじれたり、傷ついたりしたものだ。

引っぱれば靱帯はさらに傷んでしまう。もんだり、さすったりするのも感心しない。

突き指をしたら、冷たい水か氷を入れたビニール袋で冷やすのが一番だ。

そのほかのことは何もせず、安静にしておく。

軽いものなら間もなく痛みが消えるだろう。

痛みがいつまでも取れなかったり、腫れてきたり、指先が曲がったままだったりしたら、急いで整形外科の治療を受けなければいけない。

余談だが、『広辞苑』の編者、新村出博士はキャッチボールをやったことがなかったのではないか。

『広辞苑』第一版(昭和30年発行)には、「突き指」の項目がない。が、44年の第二版以降の各版には、

「突指 外力によって指先を突かれたために起る症状。指先と付近の関節の腫脹・疼痛・運動障害を伴う」とある。

『広辞苑』らしい生硬な語釈だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。