So-net無料ブログ作成
検索選択

歯は磨くだけでいいのか? [医学・医療・雑感小文]

歯は磨くだけでいいのか?


虫歯と歯周病(歯槽膿漏=しそうのうろう)を防ぐ最上の方法は毎食後の歯みがきの励行。食べたらみがく!

これさえ忘れなかったら、虫歯にも歯槽膿漏にもならない。

これ、だれでも知っている健康常識だ。

だが、最近、「食後すぐ歯みがきをすると虫歯になる」という“都市伝説”が広まっていると聞いた。

そんなバカな! 虫歯や歯周病の原因は歯垢(プラーク)であり、その歯垢を除く最も手早い方法が食後の歯みがきであるのは、周知の事実ではないか。

それはそうなのだが、虫歯の直接的な原因は、プラークのなかの細菌(虫歯菌)が、糖を分解して酸を産生し、その酸が歯を溶かすことである。

早くいえば、虫歯は口の中が酸性になるためにできる。

酸性とかアルカリ性とかは、pH(ぺーハー)という単位で表される。

pHが7以上ならアルカリ性、7は中性、7未満は酸性だ。

食事や間食で糖分を摂取すると、口の中が酸性に傾き、pHが5.5以下になると、歯を溶かし始める。これを脱灰という。

だが、それは一時的なことで、酸を中和する唾液の作用で、口の中のpHは徐々に中性に戻り、pHが5.6以上になると、溶かされた歯が修復される。

再石灰化と呼ばれる現象だ。唾液には再石灰化を進めるミネラルも含まれている。

食事中はもとより食後しばらくは、唾液がたくさん分泌される。

だが、食後すぐ歯みがきすると、せっかく大量に分泌された唾液を洗い流してしまうことになる。酸の中和が妨げられ、口の中の酸性状態が長くつづき、虫歯になりやすい。

 ─というのが、「食後すぐの歯みがき、虫歯のもと」説の根拠である。

唾液は弱アルカリ性だから、唾液がたくさん出て酸を中和し、口の中が常に弱酸性ないし中性に保たれていれば、虫歯にはならない。

口臭も防ぐなどさまざまなメリットがある。

どうすれば、唾液の分泌をふやすことができるか。

まず、朝起きたら食事の前にコップ1杯、水を飲む。日中もこまめに水を飲み、口の乾燥を防ぐ。ガム(無糖の)をかむのもよい。

唾液腺マッサージ(あごの下を両手の親指でやんわり押す。唾液がじわっと湧けばOK)。

よく噛んで食べる。噛めば噛むほど唾液が分泌される。

食事中のお茶や水はなるべく少なめに─。お茶や水で食べ物を流し込むと唾液の分泌がへる。

そして歯みがきは、食後30分ぐらいたってから─。

歯ブラシだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシなどを使い、洗口剤でゆすげばさらに効果的だ。

だが、それでもとり切れない歯垢が、奥歯の内側や外側、歯と歯茎との境目などにたまってくる。

しっかり念入りにみがいているつもりでも、みがき残しがけっこうある。それが固まって歯石となる。

これの除去はプロの手に委ねるしかない。

3カ月に1度、歯科で「クリーニング」をきちんとやってもらえば、虫歯も歯周病も確実に防ぐことができる。

歯は、頭と体の健康に密接につながっている。

歯を治したら、体も元気になった。

歯がたくさん残っている人には認知症が少ない。そんな疫学調査のデータがいくつもある。

蒲谷茂著『歯は磨くだけでいいのか』(文春新書)を開くと、

「歯がない人はボケやすい」「歯周病は心筋梗塞の危険因子」「糖尿病と歯周病は表裏一体」「歯は脳へ刺激を与えている」「歯を磨かない人ほどがんになりやすい」といった事実についての最新の研究にもとづく詳しい解説が、わかりやすく(そのうえじつに面白く)理路整然と述べられている。

最新の歯学・医学に関心のある人、元気に長生きしたい人、必読の一冊であるだろう。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 1

蒲谷茂

拙書をご紹介いただき、ありがとうございます。虫歯、歯周病、ともに細菌の感染症であることが周知されると、歯科医療もずいぶん変わると思っているのですが。
by 蒲谷茂 (2016-10-18 09:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。