So-net無料ブログ作成
検索選択

1日3食の理由 [医学・医療・雑感小文]

 朝食が1日の生活リズムをつくる

いま、子ども食生活で真っ先に指摘されるのは、朝食の問題。

文部科学省の調査では、朝食を「食べないほうが多い」と「ほとんど食べない」を合わせると、小学生は15%、中学生は22%だ。大変な数だ。

朝食による栄養補給は1日の生活リズムをつくる。

朝、昼、夜と1日3回食べるのは、どこの国、どの種族でもほぼ決まった食習慣だ。

なぜか? 

食事でとるのは、糖質、たんぱく質、脂質、ミネラルビタミン、水などだが、なかで最も多い糖質は、グリコーゲンとして主に肝臓筋肉に貯蔵される。

筋肉のグリコーゲンは、筋肉を動かすために使われて血中には出ない。

一方、肝臓に蓄えられたグリコーゲンは、ブドウ糖になって、脳などの神経系や赤血球のエネルギー源になる。

1回の食事で肝臓に蓄えられるグリコーゲンはおよそ50㌘、エネルギー源として必要なブドウ糖は1日140~150㌘。

50㌘では6~8時間しかもたない。

140~150㌘を50㌘で割ると3になる。これが1日3回の食事が必要な大きな理由だ。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: