So-net無料ブログ作成
検索選択

ヨクタベヨ [医学・医療・雑感小文]

朝食抜き、学習能力低下

朝食を食べないと、脳のただ一つのエネルギー源、ブドウ糖が不足する。

すると、脳の摂食中枢が刺激され、落ち着きがなくなり、イライラし、キレやすくなる。

学習能力が低下する。

アメリカや中南米諸国でも、家庭の崩壊とか経済的余裕がないため、朝ごはんを食べない子がたくさんいる。

そういう子どもに朝食の給食を行うようにしたら、アカデミック・パフォーマンス(学習能力)が非常に上がったという報告が数多くある。

これを裏返すと、朝食抜きだと学習能力が下がるということになる。

頭だけでなく、影響は体にも及び、運動能力も低下する。

朝ごはんをいつも食べている子と、常習的に食べない子に五○㍍走をさせると、たとえタイムは同じでも、食べない子のほうが脈拍数が多く(心臓がドキドキし)、運動能力が落ちるという報告がある。

朝食は体のリズムを整え、一日の学習を始めるための絶対条件だ。

「ヨクマナベ ヨクアソベ」。

昔、小学校一年生の教室には、こんな標語の額が掲げられていた。

今はそれに「ヨクタベヨ」を加えねばならない。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。