So-net無料ブログ作成
検索選択

罪深い善意 [医学・医療・雑感小文]

 子どもとは、アクセルとブレーキをあわせ備えた存在

子どもは「無限の可能性」をはらんでいる。

が、同時に「無限の不可能性」にも満ちている。

何かを「自分はできない」と思い込んでいる子は、どんなに一生懸命教えてもなかなかできるようにはならない。

たとえば逆上がり、跳び箱、速く走ること。

もちろん勉強も、歌や楽器もそうだ。

いや、それ以前に「できないと思い込んで」トライしようとしない子も少なくない。

「そんなことできなくてもいい」と言い張る。

子どもとは、無限のアクセルとブレーキをあわせ備えた存在だ。

そして─

「私たち大人の<罪深い善意>は、子どものブレーキをはずさずに、アクセルだけを吹かすことを奨励することです」

と能楽師の安田登さんは、『日本人の身体能力を高める「和の所作」』(マキノ出版=1300円)で熱く説いている。

「アクセルを吹かすよう励ますよりも、ちょっとブレーキをはずす方法<和の所作(身のこなし)>を教えてあげましょう。それだけで格段に前へ進むようになるのです」という説得力に満ちた具体的例示に目からうろこが落ちた。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。