So-net無料ブログ作成
検索選択

耳の祥月命日 [雑感小文]

聴覚障害者ならではの利便もあるのだが

2006年5月、突発性難聴で左耳がこわれた。

右耳はもともと高度難聴だったから全聾が完成した。

あす11日が11回目の「耳の祥月命日」である。

不便、不自由、不安、抑うつ、不用心…などなどに日々直面し、焦ったり、くさったり、笑ったり、総じて言えばいろいろと面白い11年だった。

読んだり書いたり考えたりするのには耳は要らないから、すこしも困らない。

電話のベルや救急車のサイレンで安眠を妨げられることもない。

内緒話や耳打ちなんてものの相手にならずにすむのは、聴覚障害者ならではの利便だろう。

とはいえ、自由な会話ができないのは実につらい。

人の話はうまく聞き取れないのに、自分の言いたいことは言える。

なんとエゴイスティックな障害だろう。

最初はそう思ったが、そうではなかった。

会話というのは、相手の言葉を聞いて、理解して、はじめて成立する。

それができないのだから、自分の言葉もないにひとしい。

しぜん人と会うのがおっくうになり、出不精になった。

10年もたって、この課題をなかなか克服できない。

そのうち、あっちのほうへ引っ越したら、また聴こえるようになるだろうか。

先に行ってしまったなつかしい人びとと再会したとき、楽しい会話ができるだろうか。

いまも夢で会ったときはちゃんと聞いたり、話したりできてるだから、たぶん大丈夫だろう。

もうすこしの辛抱だ。

がんばるべえ。

タグ:突発性難聴
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: