So-net無料ブログ作成
検索選択

風詩感唱 [雑感小文]

手書きの冊子 


「誰の山でもいい 皆(みんな) 俺(おれ)の若葉だ」─川柳誌『風詩むさしの』4月号の表紙に毛筆で記された句だ。

一読、思わず腹の底から笑った。全くだ!

誰の山だろうが、眺める分には、思う分には、誰に何の気がねがいるものか。

見渡す限り我が心の領土である。

思うさまたっぷりと眺めて楽しもうぜ。

気持ちはればれページをめくると─、

ゆるやかにワルツのごとく老いてゆく 浩三

歳のこと気にもならない歳となる 魚扇

あかね雲安易に老いを語るまい 須磨子

夢ひとつ老い先信じ米を研ぐ 房枝

合鍵を忘れ記憶の戸が開かず 掬流

言い勝って後悔という負けを知る 豊子

─人生の達人たちの佳句が並ぶ。

『風詩むさしの』は、主宰者・堀内浩三氏の手書きの原稿をそのまま複写し製本した、表紙本文合わせて20ページ。

週刊誌と同じサイズのB5判3段割り。

「20ページを書き上げるとボールペン1本のインクがなくなる」という。

その毎月の営為、小生が知るようになってからでも20年を超える。

頭が下がる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。