So-net無料ブログ作成
検索選択

うつ病時代 [医学・医療・雑感小文]

うつ病時代

昔(大正初年)、ある新聞社に就職した青年が、当時流行の「神経衰弱」になり、半年ほどで辞めなければならなかった。

青年はその体験を小説に書いた。

広津和郎の出世作「神経病時代」だ。

現代は、一般生活者の12%、約8人に1人がうつ病もしくはうつ状態の可能性があるという(2008年ファイザー調査)。

「うつ病時代」だ。

なぜ、そんなに多いのか。

理由の一つは、社会環境の変化だと専門家は指摘する。

1990年代後半から成果主義が採り入れられ、企業の中で、常になにかに追い立てられながら仕事をし、疲弊し、バタバタと倒れるようにうつ病になる人が激増している。

もう一つは、うつ病の啓発が進み、うつ病についての知識が広まり、それとともに精神科、神経科、心療内科の敷居がいくらか低くなって、病院を訪ねる人が増え、「うつ病」と診断される症例が多くなった。

また、多くの企業が社員のメンタルヘルス(心の健康)に取り組むようになり、うつ症状の初期の段階からの受診者が増えたということもあるだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

若年うつ病 [医学・医療・雑感小文]

若年うつ病

俗に「新型うつ病」と呼ばれ、一般に「非定型うつ病」とされるうつ病が、若い人の間にふえている。

若年者のうつ病・抑うつ状態は、中高年者に多く見られる定型的なうつ病とは異なるので、古くからステューデント・アパシー、退却神経症、逃避型抑うつなどの概念が提唱され、病態や治療法が研究されてきた。

近年では未熟型うつ病、現代型うつ病、ディスチミア(気分変調症)親和型などが提唱されている。

それぞれ考察の内容は異なるが、いずれも定型的なうつ病に比べて、抗うつ薬の効果が弱く、軽症だが治りにくいとされている。

「これらの精神病理学的議論は、治療者が、うつ病を十把ひとからげにせず、一人ひとりの抱える問題についてきめ細かく分析し、適切に対応するための議論なのです」

と、日本うつ病予防・治療委員会は強調している。

半面、若年は双極性障害のうつ病や統合失調症の好発年齢だ。

これらの鑑別診断は極めて難しい。

安易に「新型うつ病」とか「非定型うつ病」と決めつけるのは「誤診」につながる、と。

新型うつ病 [医学・医療・雑感小文]

新型うつ病

「新型うつ病」とか「非定型うつ病」と呼ばれるうつ病が増えているといわれる。

だが新型うつ病という専門用語はないし、非定型うつ病についての一般的説明も正しくない。

社団法人「うつ病の予防・治療日本委員会」のプレスリリースの解説はこうだ。

うつ病(気分障害)は、双極性障害(気分のハイな時期と落ち込む時期を繰り返す「そううつ病」と、「大うつ病性障害」(うつ病とはっきり分かるうつ病)に大別される。

非定型うつ病とは、大うつ病のうちの過食、過眠、体の重さ、対人関係への過敏性など特定の症状をもつもので、正確には「非定型の特徴を伴う大うつ病」だ。

一般的に呼ばれる非定型うつ病あるいは新型うつ病は、典型的なうつ病に合致しないうつ病や抑うつ状態を一まとめにしたもので、次のような特徴をもっている。

①若年者に多く、全体に軽症。

②仕事では抑うつ的になるが、余暇は楽しく過ごせる。

③仕事や学業上の困難をきっかけに発病する。④病前性格として、成熟度が低く、規範や秩序、他者への配慮に乏しい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

おかゆ二説 [雑感小文]

おかゆ二説

おかゆを食べる美人になる。

昔の人がそう言っている。

食の随筆家、本山荻舟の著述の受け売りだが、江戸末期の食学者大蔵永常の著書に、

「これを二年が間、朝夕食するときは無病になり、容貌(ようぼう)うるわしく極めて肥満するなり」とあるそうだ。

「これ」とは、塩を加えない白がゆ(具を入れないで炊くかゆ)のことで、胃にはよさそうだけど、なぜ「容貌うるわしく」なるのか?

「極めて肥満」したら逆効果ではないか?

また、貝原益軒も、

「朝早く、粥(かゆ)をぬくめて、やわらかくして食べると、腸胃を養い、体を温め、つばがでる。寒い月に最もよろしい」

と、中国の張来という人の説を「養生訓」に紹介している。

 だが毎朝熱いかゆを食べる習慣は、食道がんになりやすい。

現代の常識を、益軒先生はご存じではなかった。

それやこれや考え合わせると、今も昔も一押しのおかゆは、七草がゆだろう。

なにも正月に限らないし、七種(ななくさ)そろえなくてもよい。

万病よけとされた千年続く食文化である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

粥と芋 [雑感小文]

粥と芋

書家の榊莫山さんは、土、女、母、樹などの文字を何十年も書き続けた。

晩年はそれに粥(かゆ)が加わった。

「わたしの粥へのイメージは、子供のころの負のイメージがある」と述べている(「莫山つれづれ」)。

「子供のころの朝の食事は、かゆだった。

茶がゆのときもあれば、芋がゆのときもあった。

昭和のはじめである。

世界恐慌がおこって、農村をささえていた生糸が暴落。飢饉(ききん)が重なった。

子供らは、日本中貧乏になったので、かゆをすすって、しんぼうせえ、と思わされていた。

──略──

みんな痩(や)せた子ばかりで、太った子なんていなかった」

そうだった。莫山さんより六つ年下の当方の子ども時代も似たようなものだった。

戦中戦後の食糧難に伴って、常食の芋めしのイモの割合がどんどん増え、しまいにはイモとイモの間に米粒がこびりついているようだった。

ごくごくたまにメザシの1匹などもらえると、胸がふるえた。

思い出は死んだ親たちにつながり、なにか妙に切ない。

莫山さんも、そうだったのではないだろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

睡眠サプリ [医学・医療・雑感小文]

睡眠サプリ

秋の夜長、不眠をかこつ人も多いのではないだろうか。

睡眠には適度の量と良い質が大切だ。

ぐっすり眠れて、すっきり目覚めたときは、頭も体も快調だ。

QOS(睡眠の質)の向上は、QOL(生活の質)の向上に通じる。

質の良い睡眠を得る秘訣は、「体温の上げ下げ」と、米スタンフォード大睡眠・生体リズム研究所所長で同大精神科の西野精治教授。

軽い運動や入浴などで深部体温を上げた後、ベッドに入って深部体温が下がっていくとき、深い良い眠りが得られる。

副作用のない自然な睡眠をつくるサプリメントにはハーブアロマビタミンB群などいろいろあるが、教授が推奨するのは、アミノ酸のグリシン。

「グリシンは、脳に作用して皮膚の血流量を増加させ、熱放散を活発にし、深部体温を下げる。

安全性が確立されている睡眠サプリで、就寝前に服用すると、入眠と睡眠の維持に最適な体温調節効果を示し、熟睡とよい目覚めをもたらす。

高齢者など体温調節に難のある不眠には特に有用だ」という。

グリシンは薬局で求めることができる。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

耳鳴り順応療法 [医学・医療・雑感小文]

耳鳴り順応療法

「夜の霜しんしん耳は蝉(せみ)の声」

「遠方に電話の鈴の鳴るごとく 今日も耳鳴る かなしき日かな」

─小林一茶59歳の歳末の一句と、石川啄木の処女歌集「一握の砂」中の一首だ。

一茶はセミ、啄木はベル。

音は違うが苦痛は同じ。

夜となく昼となく鳴り続ける、本人以外には聞こえない頭の中のしつこい神経音に苦しみながら耐え続けている人が、何十万人もいる。

進歩した現代医学もこれにはほとんどお手上げで、耳鳴りは医者泣かせの症状の最たる一つでもあるようだ。

だが、近年、これに克つ治療法も開発されている。

その一つが、TRT(Tinnitus Retraining Therapy=耳鳴り順応療法)だ。

耳鳴りの苦痛には、正体がよくわからないために不安が強くなるという側面がある。

まず、聴こえのしくみや耳鳴りについて理解してもらう「指示的カウンセリング」し、そのあと、音を使って脳を慣らす「音響療法」を行う。

耳かけ型補聴器に似た形のものから出る人工音のなかから自分に合った不快でない音を選択し、1日6~8時間装着する。

それによって「耳鳴りを意識しない」ようにトレーニングする。

重症患者の一般的な症状の変化を追ってみると、

最初の診察後「診察と詳しい説明を受けて安心した」
1ヵ月後「気持ちが少し落ち着いてきた」

3ヵ月後「耳鳴りにだんだん慣れてきた」

6ヵ月後「普通に生活できるようになった」

1年後「耳鳴りがしていることを忘れる」

2年後「静かなところでのみ、耳鳴りが聞こえる」といったふうで、これが多くの成功例にみられる経過だという。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

秋の肩こり [医学・医療・雑感小文]

秋の肩こり

秋が深まり、一気に寒くなってきた。

夏の暑さで緩んだ筋肉は冷えると一気に緊張し、肩こりが重症化しやすくなる。

体を温めて血行をよくすれば、肩こりはかなり楽になる

40度のお湯に肩までつかる全身浴が効果的。

ただし、心臓に疾患のある人は、全身浴だと負担がかかりすぎる。

肩に温めたタオルをのせてやる半身浴がおすすめ。

そのあと、肩に熱めのシャワーを。

思いつくたびにやる「ぎゅっ・ストン体操」もかなり効果的。

やり方は―、

首をすくめるように両肩をぎゅっと持ち上げ(このとき息をスッと吸う)、

息を吐くのと同時に肩の力を抜き、ストンと落とす

ぎゅっ、ストン、ぎゅっ、ストン、ぎゅっ、ストン……この動作を何回か繰り返す。

よく効きます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

家族っていいね [雑感小文]

家族っていいね

11月の第3日曜日は、内閣府が決めた「家族の日」で、前後1週間は「家族の週間」。つづいて22日は「いい夫婦の日」。

人の幸福の原点は、家族の絆。

幕末の歌人、橘曙覧(たちばなのあけみ)の歌集『独楽吟』中の三首―。

たのしみは 家内五人(やうちいつたり) 五(いつ)たりが 風(かぜ)だにひかで ありあへる時

たのしみは 妻子(めこ)むつまじく うちつどひ 頭(かしら)ならべて 物をくふ時

たのしみは 三人(みたり)の児(こ)ども すくすくと 大きくなれる 姿みる時

妻愛す 妻につながる 人愛す 今川乱魚
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食後血糖値を下げる薬&インスリン製剤 [医学・医療・雑感小文]

食後血糖値を下げる薬

糖尿病は「三分の飢えと、汗して治せ」といわれる。

適切・適度な食事&運動。

そのうえで病態に応じて薬を用いる。

いま、よく効く薬が次々と開発されている。

糖尿病の初期は食後のみ血糖値が高くなる。

この食後高血糖をきちんと抑えることの重要性が明らかになった。

これをターゲットとしたのが、α-グルコシダーゼ阻害薬(グルコバイ、ベイスン、セイブル)だ。

小腸の中で糖質を分解する酵素のはたらきを抑え、糖質の吸収を遅らせ、食後の血糖値の上昇を緩やかにする。

毎食直前に服用する。

食前にのみ忘れて食後に服用すると、血糖が下がらないばかりか、お腹がゴロゴロと鳴って下痢をすることもある。

これに対して、1日1回いつのんでもよいのが、インクレチンという消化管ホルモンを分解する酵素DPP-4の阻害薬(ジャヌビア、エクア、ネシーナ、トラゼンタ)。

インクレチンは血糖を処理するインスリンの分泌を促し、血糖を上昇させるグルカゴンの分泌を抑える。

そのインクレチンを分解するDPP-4の作用を、ジャヌビアはねらい打ち的に妨げることにより活性型インクレチン濃度を上昇させ、強力な血糖低下作用を示すのだという。

同じインクレチン製剤だが、作用の仕方が異なるGLP-1受容体作動薬(ビクトーザ、バイエッタ)は注射薬だ。

インスリン製剤

1型糖尿病と進行した2型糖尿病に対する「インスリン療法」は、患者による在宅自己注射が一般的だ。

インスリン製剤は、効果発現の速さから超速効型、速効型、中間型、持効型、混合型(超速効型または速効型と中間型を混ぜたもの)に分類される。

超速効型を毎食前、持効型を寝る前─といったふうに1日4回ほど注射する「強化インスリン療法」は、きめ細かく血糖値の管理ができるので理想的とされる。

が、外出先とか人前など注射がためらわれることもある。

近年、持効型の1日1回療法が増えている。

混合型の二相性インスリンアスパルト-30は1日1回投与でも食後高血糖を抑えることができるという。

また、カートリッジ製剤(専用のペン型注入器にセットして使う)、キット製剤(注射器にカートリッジが装てんされてある使い捨てタイプ)、バイアル製剤(インスリン用の注射器または持続皮下注入ポンプを使う)とある剤型も改良が進み、生活スタイルに合わせた使いやすい製剤の選択が可能になっている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。