So-net無料ブログ作成

高齢者の腰痛 [医学・医療・雑感小文]

高齢者の腰痛

背骨(脊柱=せきちゅう)の後ろのほうを上から下へ通っている親指ほどの太さの管を脊柱管といい、その中に脊髄(脳と体の各部を連絡する神経組織)が入っている。

この脊柱管がいろいろな原因で狭くなって、脊髄から枝分かれした神経の根元や神経周囲の血管を圧迫するために起こる病気が、近年、高齢者に目立って増えている脊柱管狭窄(きょうさく)症だ。

腰痛のほかに足のしびれや座骨神経痛が出ることもある。

何よりも困るのは、歩いていると腰がだんだん痛くなり、足がしびれて、もつれることだ。

立ち止まって、しゃがんだり、腰かけたりして、腰を丸くして休むと症状が消えて楽になるのだが、腰を上げて歩き始めるとまた同じ症状が表れる。

この間欠跛行(はこう)と呼ばれる歩行障害が、脊柱管狭窄症のいちばんの症状だ。

じっとしていてもつらく、排尿や排便の障害が起こることもある。

よくなったり悪くなったりであまり進行しない人もある。この病気になったからといって、急に歩けなくなるといったことはない。

 姿勢性要素

 脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)症の特徴は、姿勢によって症状が強くなったり弱くなったりすることだ。

姿勢性要素という。脊柱管は腰を反らすと狭くなるので、歩いているときや背筋を伸ばして立っているときに症状が出やすい。

腰を曲げると脊柱管が広がるので症状が消える。腰を反らす動作がよくないので、立っているときは片足を足台などに上げると楽になる。

反対に腰を反らすと楽になり、前に曲げると痛くなる腰痛もある。

働き盛りの人の腰痛の多くがこれで、原因をなかなか特定できないため、単に腰痛症と呼ばれる。

そのほとんどは長時間にわたり腰を前に曲げている姿勢や中腰の姿勢、あるいは腰をひねったり、不用意に物を持ち上げたりしたのをきっかけに起こる。

 脊柱管狭窄症の最終的治療法は手術だが、血管の拡張と血流を増やす末梢循環改善薬の服用で症状が軽くなり、手術を回避できることもある。

局所麻酔剤やステロイドホルモンを神経のそばに注射するブロック療法がよく効く人もある。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

腰痛ご三家 [医学・医療・雑感小文]

腰痛ご三家

「腰痛ご三家」の一つ、腰痛症は、症状としては体を動かすときだけの腰痛で、脚の痛みやしびれ、脱力などの神経症状は起こらない。

X線検査をしても異常なし。

腰痛の原因となるような内臓の病気も見つからない─といった場合の診断名で、筋性腰痛症とか筋膜性腰痛症とも呼ばれる。

職業上、中腰の姿勢をとることの多い人に常習的にみられる。

あるいは引越し作業などの後で、腰に疲労感と痛みが起こるのもこれだ。若い人に頻発する。

同じような腰痛を訴える中高年の場合、X線写真を見ると、椎間板(背骨の椎骨と椎骨の間にあるクッションの役目をする軟骨)が薄くなっていたり、後方関節がすり減ったり、骨棘(こつきょく)と呼ばれるトゲ状の突起ができていたりする。

そうした加齢変化による腰痛が変形性脊椎(せきつい)症だ。

三つ目の腰椎椎間板症の急性のものが椎間板ヘルニアだ。

激しい腰痛が起こり、神経症状(座骨神経痛)を伴うことが多い。

慢性のものは椎間板変性症で、腰痛はあるが神経症状はない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

宿命的人類病 [医学・医療・雑感小文]

宿命的人類病

春がきた。やれ、うれしやとばかりいきなり運動を始めると、足腰を痛めやすい。

引越しをする人、部屋の模様替えをする人も多く、それもまたぎっくり腰誘発などの原因になりやすい。

ぎっくり腰を「ヘキセン・シュス(魔女の一突き)」と呼ぶドイツ人には腰痛持ちがとても多いらしい。

「ほとんどのドイツ人を苦しめているこの民族病の増加を止めるためには、総合判断に基づく治療法と戦略が必要だ」と週刊誌が「腰痛特集」を組んでいたそうだ。

むろん腰痛はドイツ人だけの民族病ではない。

日本人も80%が生涯に1度は腰痛を経験するといわれる。

直立二足歩行の人類病だからドイツもコイツも腰痛には泣かされる宿命を負うているわけだ。

腰痛にはいくつも種類があるが、腰痛症、変形性脊椎(せきつい)症、腰椎椎間板症が「腰痛ご三家」だ。

そのほか腰が痛くなる病気には骨粗しょう症、脊椎分離症、脊柱管狭窄(きょうさく)症など腰の骨自体に原因のあるものと、がんや感染症(骨髄炎、化のう性脊椎炎など)、外傷によるものがある。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

転ばぬ先のD [医学・医療・雑感小文]

 転ばぬ先のD

骨をつくるのに、カルシウムと同じように、ビタミンDが欠かせない栄養素であるのは、よく知られているが、筋肉にも有効に働くことが明らかになってきた。

─と、メディアセミナー「ビタミンDの新しい役割」で、細井孝之・国立長寿医療センター先端医療部長から聞いた。

台の上に乗って体のバランスを測定するテストで、動揺性(体のゆれやすさ)が高いほどバランス能力は低く、転倒しやすさにつながる。

実験では、ビタミンDの血中濃度と、動揺性には逆の相関関係が見られた。

つまりビタミンDの血中濃度が高い人ほど動揺性が低く、転倒しにくいことがわかった。

高齢者の転倒は骨折に直結しやすいが、太ももの骨折をした人は、ビタミンDの血中濃度が基準値以下だったという臨床データもある。

ビタミンDは高齢者の転倒・骨折に二重にかかわっているわけだ。

ビタミンDは、日光に当たると皮膚でつくられるが、食事(魚、卵、乳製品)からも摂取できる。

転ばぬ先のビタミンD、しっかりとりましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

春だ、歩こう! [医学・医療・雑感小文]

春だ、歩こう!

 中年過ぎの運動のポイントはただ一つ、足を使うことだ。 足を使って、心臓と肺に適度の負荷をかけ、全身の血行を盛んにすることだ。

走るか、歩くか。ジョギングか、ウォーキングだ。

が、ジョギングはときに思わぬ事故を招く例がある。

ウォーキングならそんな心配はない。

「牛乳を飲む人よりも、牛乳を配達する人のほうが長生きする」とはドイツの格言だが、ウォーキングのメリットは、

①血圧が下がる

②脂質異常症が改善する

③血糖値が下がる

④肩こり、腰痛、便秘などが解消するなどさまざま。 ]

よく歩けば頭の働きもよくなる。

筋肉運動によって神経回路が刺激され、脳細胞が活性化されるからだ。

「強い脚には冴えた頭脳が宿る」(だったかな?)とかいう格言もある。

1分間の脈拍が100ぐらいになる程度の速足で、30分か1時間歩く。

30分なら毎日、1時間なら1日おきで、そうした効果が得られるという。

歩く時間がとれない人は、会社でエレベーターを使わず、階段を上がり下りすればよい。それだけで、半年で5㌔やせて、高かった血圧と血糖値が正常値になった人がいる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

らくらく運動 [医学・医療・雑感小文]

らくらく運動

うららかな日和が続いている。

運動を習慣づけるのには絶好の季節だ。

高血圧、肥満、糖尿病、心臓病などは「運動不足病」といわれる。

よく運動すれば、がんにもなりにくい。

腰痛も防げる。

中高年になっても適度な運動を習慣的に続けていると、心臓病の発症率を低下させ、大腸がんの防止にも効果的と、成人1万7千人の運動歴と病歴の関係を調べた、米ハーバード大の研究グループは報告している。

「運動は、心臓の血行を促進し、消化のスピードを上げるのに役立ち、排せつを早める。

食物に含まれる発がん物質に大腸の内壁がさらされる危険性を減らすのではないか」とコメントしている。

中高年者の運動で、まず心すべき点は「無理をしない。頑張らない」こと。

体力に合わせて、楽しくほどほどに…。

若いころはかなりやっていたが、しばらく中断していた人も、初めてやる人とほとんど同条件と考えるべきだ。

スポーツ経験をもつ人ほど「昔とったきねづか」とばかりに頑張り過ぎて足やひざ、腰などを傷めやすい、と専門医は注意している。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

春が来た! 元気出そう! [雑感小文]

平成養生訓17

春が来た! 元気出そう!

春が来ました。ようやく春が来ました。

今年の冬は本当に寒い寒い冬でした。

ひどい冬でした。

各地で豪雪の被害が発生、百人を超える人が雪に埋もれて亡くなりました。

「雪月花の時、最も友を思ふ」とは、小説『雪国』の作家が、ノーベル文学賞受賞記念講演のなかに引いた詩語ですが、現実の雪国の雪はそのような美なる雪、風雅な雪ではありません。

「雪地獄父祖の地なれば住みにけり」という重い桎梏(しっこく)の雪です。

春よ、来い。早く、来い。

念じるようにそう思い、あの年の冬もそうだったと思い出しました。

11年前、阪神・淡路大震災ただなかの冬も、なにか絶望的に長い長い冬でした。

灰燼(かいじん)と帰した街に冷たい氷雨が何日もふり、きびしい冷え込みのゆるむことのない夜が続きました。

被災地の人びとへ同情の思いをはせながら、強く立ち上がる人びとの姿に、かえって自分のほうが力づけられ、生きる意欲を与えられたことを憶えています。


 泣きながら 「元気元気」と神戸っ子(智津子)

 生きていこうね きっと いいことあるはずだから(依子)


神戸に住み、惨禍(さんか)をわが身に体験した時実新子さん主宰の『川柳大学』で見つけた句です。

この春も、あの年の春と同じように巡ってきた春の喜びを、ひとしお強く感じます。

春。

草木の芽が「張る」意、また、田畑を「墾(は)る」、気候の「晴る」意─と『広辞苑』は記述し、

『大言海』には「万物発(は)ル候」とあります。

英語の春の「スプリング」には「跳躍」「バネ」「泉」などの意味があり、フランス語の春の「プランタン」は、ラテン語の「最初の季節」が語源だそうです。

陽の光が戻り、自然が再生する春は、入学、入社、異動・転勤など、人の生活が変わる─人事新生の季節でもあります。

百花繚乱(ひゃっかりょうらん)、人生の花もいろいろに咲く季節です。

が、半面、なぜか心が暗く沈みがちな人がいます。

気分が滅入る。体がだるい。眠れない。食欲がない。

憂うつな気分といらだちが混じり合って気持ちが落ち着かない……のです。

新しい環境に適応できず、体や心の変調を訴える人もいます。

春先に精神のバランスが崩れやすいのは、気温の上昇とともに脳の中の神経伝達物質が減るためといわれます。

それに加えて、環境の変化が心のひずみ(ストレス)をつくりやすいということもあるのでしょう。

そうした人には、めまいや立ちくらみ、低血圧、貧血ぎみ、胃腸が弱いなど、もともと自律神経の不安定な人が多いようだと指摘する専門医もいます。

自律神経が不安定だと、いわゆる木の芽どきの自然環境の変化に順応しづらい。

言い換えると、神経すなわち体のひ弱さが心の弱さにつながりやすい……というのです。

「病は気から」という古言が見事に言い当てているように、人間の心と体は分かちがたく結びついています。

心は体に影響を与え、体は心に影響を与えます。詳しい説明は略しますが、心と体は、エモーショナル・サーキット(情緒の回路)というしくみによって直結しているので、気力が充実しているときは体の調子も上々で、気力が衰えると体調も低下します。

精神的に高揚した状態にあるときは、リンパ球の働きが活発になるので、体の免疫力が高まり病気にかかりにくい。

このとき脳内では〝ハピネス(幸福)ホルモン〟のベータエンドルフィンが分泌されますが、この脳内物質も生体の防御免疫力を高めることがわかっています。

幸福な人がいきいきと元気なのはそのためです。

心の幸福感が健康な体をつくっているのです。さらに言えば、心のもちようで体のありようが変わることもあるのです。

だから元気出しましょう。

笑いましょう。

笑えば元気が出ます。

(株)心美寿有夢のPR誌『絆』19号=2006年3月発行=より再録
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

いびきの医学 [医学・医療・雑感小文]

いびきの医学

いびきは、多くの場合、口を開け、鼻と口の両方で呼吸したとき起こりやすい。

口を開ける原因の第一は鼻やのどの病気。蓄膿症とか鼻たけなどがあると、鼻の空気の通りが悪くなるので苦しくて口を開いてしまう。

第二の原因は体質。

睡眠中は起きているときに比べると、だれでも鼻の粘膜がはれて、呼吸の空気量が減る。

これは内臓の働きを抑え、体を休めるための正常な調節で、自律神経の作用(副交感神経が緊張する)によるものだ。

この調節に個人差があり(体質的に副交感神経の緊張が強過ぎるため)、鼻の粘膜が必要以上にはれてしまい、鼻がつまり、口からも呼吸する。

深酒のあとや運動などで体が非常に疲れたときもよくいびきをかく。

これにも自律神経が関係している。

飲酒時や運動時には交感神経が活発に働くので、睡眠時には反動的に副交感神経が緊張し、鼻粘膜がいつもより大きくはれるのだ。

第三の原因が、いびきの途中で呼吸が止まってしまう「睡眠時無呼吸症候群」だ。

この病気の診断基準が作成されたのは1976年。

実態が知られるようになったのは比較的近年のことだ。

診断基準の第一条件は、7時間以上の睡眠中に10秒以上の無呼吸が30回以上(または1時間の睡眠に5回以上)も現れること。

子供では夜尿、寝ぼけ、大人では夜間頻尿が起こる。

深い睡眠が取れず、脳の酸欠状態になるため、時間的には十分寝たつもりでも朝起きたときに熟睡感がない。頭が重く、鈍い頭痛がする人も多い。

昼間むやみに眠く、頭がぼんやりしてうまく働かない。

仕事中や授業中に眠ってしまう。集中力がなくなる。仕事に差し支えるし、学校の成績が下がってくる。

血圧が高くなったり、EDを招くこともある。ホルモン分泌のリズムが乱れるためだ。

子供では成長障害が起こる。

適切な治療を受けて、病気が治ればそうした症状もなくなる。

耳鼻科、精神科、呼吸器科などでいろいろな治療法が試みられているが、一押しは「CPAP(シーパップ)」という器械を用いる方法。

横綱白鵬の睡眠時無呼吸症候群も、これで軽快したそうだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

いびき二題 [雑感小文]

いびき二題

某月某日、某新聞で、いびきについて、印象的な文を二つ、読んだ。

一つは、ある生命保険会社が、全国の夫婦に対して行ったアンケートで、夫からみた妻の悪い点のトップが「いびき・寝言」(4.8%)だったという記事だ。

もう一つは、神奈川県平塚市の女子中学生が、投稿欄に寄せた「忘れないよ! じいちゃん」と題した文だ。

祖父母の家に遊びに行った日、電気を消した部屋でテレビを見ていた。

夜ふけ、隣で寝ていた祖母がいびきをかき始めた。

少しして祖父が目を覚ました。

テレビがうるさいの? と聞いたら、大丈夫だよと、祖父は答えて、こう言った。

「ばあちゃんはネ、毎日こうやって、いびきをかいて寝るんだよ。

でも、じいちゃんは、このいびきがあるから毎日ぐっすり寝れるんだよ。―略―

こうやって起きて、ばあちゃんがいびきをかいていると安心するんだよ」

その言葉を聞いた瞬間、なぜか涙があふれた。

「じいちゃん! 私はこのときの、この数分間の会話を一生、忘れないからね。ありがとう。」

─読ませてもらった年寄りの目にも涙がにじんだ…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

脳内映画館 [雑感小文]

脳内映画館

長眠型の人はたいてい寝つきがわるく、自分流の入眠法をもっているようだ。

先年、航海学者の茂在寅男氏(当時83歳)のこんな一文を読んだ。

「私の速眠術は、まず、眠ろうとするとき頭に浮かぶ雑念を一切除去することだ。

そして、ゆっくり呼吸しながら、その呼吸に合わせて、ひとーつ、ふたーつ、と頭の中で数える。慣れると10前後で眠ってしまう」(東京新聞「この道」)。

言われるように入眠を妨げる最大の敵は、雑念だ。

これの排除法として、小生が毎晩、効果を実感しているのが、頭の中で行うドラマの再上映だ。

寝床での本読みに疲れて、明かりを消し、目を閉じたら、最近見た映画やテレビドラマの1本を選ぶ。

そしてタイトルバックに始まる、一つ一つのシーンと登場人物の台詞のやりとりなどを、思い出せる限り詳細に思い出しつつストーリーをたどっていく…。

これがじつになんとも楽しく、雑念の入る余地などない。

いつの間にか寝入っている。

「脳内ドラマ再放送入眠法」、よく効きますよ。お試しあれ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。