So-net無料ブログ作成
検索選択

コレステロールに関する諸問題 [医学・医療・雑感小文]

コレステロールに関する諸問題


◎リポたんぱくはシュークリーム

 なぜ、高LDLコレステロール血症が問題なのか?

 血液中のLDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が異常に多いと、血管の内壁にアテロームとか粥腫(しゅくしゅ)と呼ばれる、お粥のような脂質がたまってくっつき、動脈硬化を進めて、心臓病や脳卒中のもとになるからだ。

 では、LDLコレステロールとはどんなものか?

 コレステロールの約90%は体内(肝臓と腸)でつくられ、血液によって全身の組織へ運ばれる。

 血液はほとんど水のような血清(血漿)と、血球などでできているから、脂肪であるコレステロールは溶け込むことはできない。

 そこで、水と親しみやすい物質でくるんで運ぶようになっている。

 コレステロールにかぎらず、トリグリセライド(中性脂肪)、リン脂質など脂肪性のものはみな同じようにして運ばれる。

 そのかたちをリポたんぱく(リポは脂肪の意)といい、シュークリームにたとえると、クリームにあたるのがコレステロールなどで、皮に当たるのがたんぱく質である。

 この「シュークリーム」には、いくつか種類があるが、主なものは4種類─カイロミクロン、VLDL(超低比重リポたんぱく)、LDL(低比重比重リポたんぱく)、HDL(高比重リポたんぱく)─である。

 カイロミクロンは、比重が小さく、最も軽く大きい。中身はほとんどトリグリセライドで、大きすぎて細胞の中へ入ることができない。

 VLDLは、カイロミクロンに比べると、トリグリセライドの割合がへり、コレステロールとリン脂質がふえる。これも大きいため細胞膜を通りにくい。

 この二つのリポたんぱくは、肥満、糖尿病などメタボリック症候群にかかわる中性脂肪の増減に関しては問題になるが、コレステロールの害についてはノープロブレムである。

 LDLは、比重が小さく、コレステロールを半分近く含んでいる。大きさは中型で、肝臓から全身の組織へコレステロールを運ぶ役目を担っている。

 一定量は必ずなくてはならないが、多過ぎると血管壁にたまって動脈硬化の原因となる。で、「悪玉コレステロール」と呼ばれる。ホントは「悪玉リポたんぱく」と呼ぶべきなのだが─。

 HDLは、比重が最も大きく、たんぱくが半分含まれている。大きさは小さく、コレステロールの割合はLDLに比べると少ない。

 その役目は、全身の余ったコレステロールを回収して肝臓に戻すことだ。
 血管壁にコレステロールがたまるのを防ぐ(動脈硬化を防ぐ)ので、「善玉コレステロール」と呼ばれる。

 HDLが少ないと、余分なコレステロールが回収し切れず、残ったコレステロールが血管壁にたまる

 つまり、LDL値は高すぎるのが、よくない。HDL値は低いのが、よくない。

 LDL値を下げて、HDL値を上げることで動脈硬化は退縮する。

 LDL値をHDL値で割った「LH比」が高いほど動脈硬化は進展し、低いほど抑えられる。

 LH比2以下で、動脈硬化は退縮し始め、1・5以下でさらに顕著になる。
 

◎三種の脂肪酸

 さて次は、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸、トランス脂肪酸について、かんたんに──。

 脂肪は、脂肪酸とグリセリンでできている。

 脂肪酸は、多数の炭素同士が手をつないで鎖をつくり、それに水素と酸素がつながった構造になっている。

 炭素と炭素が全部、1本の手でつながっているのが「飽和脂肪酸」で、炭素と炭素が部分的に2本の手でつながっているのが「不飽和脂肪酸」である。

 飽和脂肪酸は、炭素の鎖すべてに水素がつながっている(つまり炭素が水素で飽和されている)。

 だから飽和脂肪酸を多く含む食品は、バターやラードのように常温では固体である。

 不飽和脂肪酸は、炭素同士が2本の手でつながった「二重結合」部分の炭素の片側には水素がつながってない(炭素が不飽和の状態になっている)。

 で、不飽和脂肪酸を多く含む植物油や魚油は常温では液体である。

 トランス脂肪酸は、不飽和脂肪酸の一種。

 液体の植物油をマーガリンやショートニングなどの固体に加工するときにできる。

 ケーキ、ドーナツ、フライドポテト、マヨネーズ、クリーム類には、トランス脂肪酸が多く含まれる。

 飽和脂肪酸もトランス脂肪酸も、摂り過ぎると、「悪玉」のLDLコレステロールをふやし、「善玉」のHDLコレステロールをへらし、動脈硬化を進め、心筋梗塞、脳梗塞のリスクを高める。

 ─といったようなわけで、

「コレステロール摂取量と血中コレステロール値との関連を示すエビデンスは不十分」ではあるが、高LDLコレステロール血症患者は、3種類の脂質成分(飽和脂肪酸、トランス脂肪酸、コレステロール)の摂取量に注意する必要がある。

 高LDLコレステロール血症患者のみならず、健常者も飽和脂肪酸やトランス脂肪酸の摂りすぎはひかえたほうがよい。

 日本動脈硬化学会の「声明と見解」は、そのことも示唆しているのだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コレステロールに関する声明 [医学・医療・雑感小文]

 コレステロールに関する声明

 血液中のコレステロールの数値が多少高いのは、気にしなくてもよい。むしろ健康上のメリットが多いという「朗報」を聞いて、よろこんでいたところへ、

「コレステロール摂取に関する日本動脈硬化学会の声明」というプレスセミナーの案内が届いた。


<2015年2月発表の米国農務省報告および2015年3月発表の厚生労働省の「日本人の食事摂取基準2015年」において、コレステロール摂取に関する記載が無くなったことに対する日本動脈硬化学会の声明とともに見解についてのプレスセミナーを開催いたします。

日時 2015年5月1日(金)

 会場 日内会館「4階会議室」>


だが、あいにく当方、高度難聴の身、「聴く耳」をもってない。

「お手数煩わせますこと恐縮ですが…」と、当日配布の資料の恵送をおねがいした。

以下、その「声明」の要旨。


 2013年秋、アメリカ心臓病関係の学会─ACC(American College of Cardiology=米国心臓病学会)とAHA(American Heart Assocition=アメリカ心臓協会)が、「心血管疾患リスク低減のための生活習慣マネジメントのガイドライン」を発表した。

 その見解の中心は、「コレステロール摂取量を減らして、血中コレステロール値が低下するかどうか、判定する証拠が数字として出せない。よって、コレステロールの摂取制限を設けない」というものであった。

 2015年2月、米国農務省(USDA)が国民向けに発表したガイドライン(指針)にも、ACC/AHAの見解と同じように、

「食事中のコレステロールの摂取と血中コレステロールの、明らかな関連を示すエビデンス(証拠)がない。これまで推奨してきたコレステロール摂取の制限をなくす」と記載された。


厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」は、

「健常者においては、食事中コレステロールの摂取量と血中コレステロール値との相関を示すエビデンスが十分でない。コレステロール制限は推奨しない」としている。


 日本動脈硬化学会も、健常者の脂質摂取に関するこの記載には、賛同している。

 ただし、このことは、高LDLコレステロール血症患者(いわゆる「悪玉」のコレステロール値が異常に高い人)には当てはまらない。

 高LDLコレステロール血症患者が食事療法を行うばあい、3種類の脂質成分(飽和脂肪酸、トランス脂肪酸、コレステロール)の摂取量に注意する必要がある。

 1日の平均摂取量を、飽和脂肪酸は総エネルギー量の4.5%以上7%未満、トランス脂肪酸の摂取をへらし、コレステロールは200㍉㌘以下とする。

 食品にはこれら3種類がさまざまな量で含まれている。

 食材の選び方や献立の工夫については、日本動脈硬化学会の「脂質異常症治療ガイド 2013年版」を参照していただきたい。

 脂質をへらすだけでなく、食物繊維を多く含む大豆製品、海藻、野菜類をふやすこと。これらは血中コレステロール値を下げることが明らかにされている。

 動脈硬化を防ぐには、高コレステロール血症、血圧、血糖値のコントロール禁煙や運動など、包括的な生活習慣の改善が大切である。

 ─以上、食事によるコレステロールの摂取基準は撤廃されたとはいえ、高LDLコレステロール血症患者への配慮をなおざりにしてはならないと強調する、日本動脈硬化学会の「声明と見解」をごく短く要約した。

 では、なぜ高LDLコレステロール血症がよくないのか、飽和脂肪酸とかトランス脂肪酸とかいうのは、どういうものなのか─といったことについては明日─。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コレステロールに関する朗報  [医学・医療・雑感小文]

 コレステロールに関する朗報 

健康診断を受けると必ず要注意の*印がついてくる項目がある。

同憂の士も多いと思うのだが、総コレステロール値だ。

検査結果を聞いた当座は卵やバターを控えたりもするけれど、いつの間にか元に戻ってしまい、次回もまた*印がついてくる。

背が低い埋め合わせにコレステロールが高いのかもしれない。

なぜ、コレステロールの高いのはよくないのか。

動脈硬化が進んで心筋梗塞や脳梗塞を招きやすいからだ─といわれている。

ご存じのようにコレステロールは、人体約60兆個の細胞の構成成分であり、副腎皮質ホルモンや性ホルモンの材料であり、胆汁酸の原料でもある。

体に不可欠の物質だ。

昔の日本人に脳出血が多かった最大の一因は、低栄養=低コレステロールのせいで血管が脆弱(ぜいじゃく)になり破れやすかったからだ。

しかし、現代日本人の血管は、過栄養=高コレステロールのせいで分厚く硬化し、破れにくいかわりに詰まりやすくなった。

これを防ぐには、高いコレステロール値を下げたほうがよいとされ、食事を変え運動をしても下がらない人にはコレステロール低下薬(総称スタチン)が処方される。

だが多くの疫学調査を検証すると、日本人の場合、スタチンでコレステロールを下げなければならない人はごく限られている。

「それは、

①家族性高コレステロール血症(遺伝的にコレステロールが高くなる体質で心筋梗塞になりやすい。略称FH)の人、

②過去に心筋梗塞を発症し再発があやぶまれる人

③50歳前後で総コレステロール値が280を超える人─そんなところでしょう」

と、浜崎智仁・富山医科薬科大学教授。

近年次々に発表されている「高齢者の余命とコレステロール値の関係」についての研究によれば、コレステロール値が高いほうが長生きできる。

男性の場合、死亡率がいちばん低いのは総コレステロール値240~280の人たちで、女性の場合は総コレステロール値の高いのは死亡率とはほとんど無関係。

男女共にコレステロール値240以上が最も安全域だという。これは朗報だ。

現在健康で、コレステロール値が多少高いだけという人は、それについての心配は全くご無用。

肉や卵などを控える必要はない。

「動物性食品の摂取の目安は、1日に肉を最低50㌘、それに魚ひと切れ、卵1個、牛乳1、2本を加えたいものです」

老年医学の権威、柴田博・日本応用老年学会理事長はそう話している。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

植物ステロール [医学・医療・雑感小文]

植物ステロール

コレステロールの多い食生活を続けていると、脂質異常症から動脈硬化、心臓病・脳卒中への道をたどる。

誰でも知っていることだが、でも、コレステロールたっぷりの食べ物はおいしい。

自他ともに認めるグルメの男は、血圧は200に迫り、血糖値も少し高いようだが、食事療法などにはまるで無頓着。

「80近くにもなって食養生してもしようがない」とうそぶいている。

美食と引き換えに寿命を縮めても悔いないと言う。

ま、それはそれでリッパ?な覚悟ではあるが。

傘寿を超え、さらに88歳の米寿、90歳の卒寿や百歳を目指したいという意欲をもつ人は、知恵のある合理的な食生活を選ぶべきだ。

おいしく食べてコレステロールを下げるには、植物ステロールを生かした食事を取ればよい─と、料理研究家の池内千波さんは助言している。

植物ステロールとは、穀類、野菜、果実、キノコ、植物油などに含まれる脂質で、総コレステロールと悪玉のLDLは下げるが、中性脂肪、善玉のHDL値には影響しない。

いろいろな商品、サプリメントがある。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

抗加齢食品 [医学・医療・雑感小文]

 抗加齢食品

若さと健康を保つアンチエイジング(抗加齢)のための最も重要な要件は、むろん食生活

主食、主菜、副菜がバランスよくそろっていること。

日常、心がけてとるように勧められている食品は、次の9種類だ。

 マメ=アズキ、エンドウ、ダイズなどの豆類。豆腐、納豆、きな粉、みそ。

 ゴマ=ゴマ、アーモンド、ナッツ類。

 タマゴ=鶏卵その他

 チチ=牛乳。乳製品。

 ワカメ=コンブ、ワカメなどの海藻類。

 ヤサイ=野菜、果物

 サカナ=魚介類。

 シイタケ=シメジ、シイタケ、マイタケなどキノコ類。

 イモ=ジャガイモ、サトイモ、サツマイモなど─。

マゴタチワヤサシイ(孫たちは優しい)と覚えるとよい。

免疫学の世界的権威、奥村康・順天堂大学教授が特に勧めるのは、ウイルスやがんと戦うNK細胞の活性を高くする①βグルカン、②乳酸菌、③ポリサッカライドだ。

①はキノコ類に、②はヨーグルトに、③は海藻類に多く含まれる。

「手軽なのは、ヨーグルト。これなら毎日欠かさず食べられるでしょう」
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

低栄養と脳出血 [医学・医療・雑感小文]

栄養→脳出血


脳卒中─特に脳出血の基盤には低栄養がある。

それを防ぐ最も重要な栄養素はたんばく質だ。

日本人の動物性たんぱく質の摂取量が増えた1965(昭和40)年ごろから、脳出血の発症・死亡率が下がり始めた。

欧米では日本より50年も前から脳卒中は減っていたが、急激な栄養過剰により心臓病が増えた。

日本は欧米ほど栄養過剰にはならず、脳卒中が減り、心臓病がそれほど増えなかったため、平均寿命が延びて、世界一の長寿国となった。

老年医学の柴田博教授らによる高齢者(平均年齢75・3歳)1777人の調査では、血清アルブミン(単純たんぱく質)値が高いほど死亡率は低く、高齢者の死因上位の肺炎にもなりにくいことがわかった。

動物性たんぱく質の最も効率のよい給源の一つは牛乳だ。

牛乳を「毎日飲む」人と「ときどき飲む、または飲まない」人を比べると、毎日飲む人の生存率が高い傾向が見られた。

また、70歳のときの牛乳の飲み方とその後の身長の減少を調べると、牛乳を飲む人はあまり身長が縮まないこともわかった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

老年低栄養 [医学・医療・雑感小文]

老年低栄養

健康のためには粗食がよい、と思っていませんか。それは危険な誤解です」

と、老年医学の専門家、柴田博・日本応用老年学会理事長が警告している。

人は年をとると、大抵体重体脂肪が減り始めるが、そこへ「低栄養」が重なると、体力・免疫力が低下し、老化が加速する。

低栄養には、エネルギーやたんぱく質が不足している「開発途上国型」と、エネルギーやたんぱく質は足りていても、繊維質やマグネシウム、葉酸などが不足している「先進国型」がある。

高齢者には開発途上国型の低栄養が多く、柴田理事長らの調査では、65歳以上の約10%が低栄養だった。

高齢者が低栄養に陥る原因は、

①食事量の減少(加齢または病気や薬の副作用による食欲減退)

②環境要因(一人暮らし、調理の手抜き)

③経済的要因

④ストレス、精神的要因

⑤粗食が体によいという間違った認識や、フードファディズム(健康によいといわれる食品を重点的に食べるなど偏った食品摂取)だ。

低栄養状態の指標の一つは体重。

病気でもないのに体重が減ってきたら注意が必要だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

心の栄養 [雑感小文]

 心の栄養

たのしみは まれに魚(うお)煮て 児等(こら)皆が うましうましと いひて食ふとき

幕末の歌人、橘曙覧の歌だ。

貧しい文人の暮らしながら、むつみ合う家族の情景や日々の小さな喜びを詠んだ『独楽吟』52首は、人生の幸せとは何かを教えてくれる。

ところで、薬の効能書などに副作用が「まれに見られる」とある場合の「まれに」は、その発生頻度が0・1%(1000人に1人)未満であることを示す。

それが0・1%以上5%未満の場合は「ときに」、それ以外は「不明」と記される。

橘家の食卓に魚の煮付けが供された頻度は、まさか1000回に1回ということはなかっただろうが、その食生活には栄養上の問題が少なからずあったように思われる。

でも、その家族だんらんの食卓には、心の栄養があふれていたに違いない。

貧しい食生活の影響もあったのか?

曙覧は56歳で他界している。

長寿の人だったとは言えないが、幸せな生涯を送った人ではあっただろう。

 たのしみは 妻子(めこ)むつまじくうちつどひ 頭(かしら)ならべて物を食ふとき
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タマネギが効く [医学・医療・雑感小文]

 タマネギが効く

LOH症候群(加齢に伴う性腺機能低下の諸症状)には、テストステロンを用いるホルモン補充療法が効果的だ。

詳しい検査をしてもどこといって悪いところはないが、まるで元気がない、食欲がない、筋力が衰えて車いすを使っているといった状態で「老衰」とされていた人にホルモン療法を行うと、元気に歩けるようになったという症例は普通にみられるという。

テストステロン分泌の低下を防ぐ、さらに上げるにはどうしたらいいか。

まずストレスの緩和、睡眠、禁煙、そして自分の体力に合った運動を習慣的に続けること。

心身の緊張をときほぐすリラクゼーションに効果的な気功、太極拳、ヨガ、座禅、温泉、交友、美しいもの・快いものに接することが勧められる。

食物で最近注目されているのは、タマネギだ。

タマネギなどネギ類に含まれる含硫アミノ酸が、テストステロンの合成を誘導すると考えられている。

ただ、タマネギの中には、切ってから時間が経つと、含硫アミノ酸を分解してしまう酵素が含まれている。

切ってすぐ加熱するか、生で食べるのがいい。

半面、切って室温に放置しておくと、成分間の化学反応で、ニオイ物質のトリスルフィド類やセパエン類が生成される。

これらは血小板凝集抑制作用(血液サラサラ作用)や記憶障害改善作用を促し、抗酸化力にすぐれている。

つまりテストステロン増加作用は切ってすぐのほうが大きく、血液サラサラ効果は切ってしばらく放置したほうが大きい。

両方の効果を得るには、

「タマネギの鬼皮を取り除いて丸ごと、電子レンジで約2分間加熱し、酵素アリナーゼを破壊するとよい」と“タマネギ博士”の西村弘行・元東海大学副学長は勧めている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

LOH症候群 [医学・医療・雑感小文]

 LOH症候群

年をとると、男性ホルモンのテストステロンの分泌が低下する。

そして心と体の諸症状、性機能の低下が起こる。LOH症候群と呼ばれる。

LOHは、英語のlate onset hypogonadismの略で、「加齢による性腺機能低下」という意味。

「LOH症候群が続いていると、単に男性の勢いが弱くなるだけではなく、高血圧糖尿病、がん、心臓病、うつ病などの罹患(りかん)率や死亡率が高くなるという精密な疫学調査が、世界でも一流の内科、精神科、泌尿器科などの専門誌で報告されています」
と、堀江重郎・順天堂大学医学部教授。

なぜ、そんなことが起こるのか?

テストステロンが減ると、体内で不必要な物質を分解したり、必要な物質を合成したりする代謝の働きが低下する。

早くいえば、食物から得た栄養素をエネルギーに変えて利用する働きが落ちる。

すると、使われない栄養素がたまり、内臓の周りに脂肪がつくメタボリック(代謝)症候群が始まる。

メタボの原因は生活習慣とされるが、別段、生活習慣には問題はなくても、メタボになる人も多い。

それにはホルモンの低下が絡んでいるわけだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康