So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

脳神経内科 [医療小文]



日本神経学会は、これまで「神経内科」としてきた標榜科目を「脳神経内科」と変更すると発表しました。

神経内科という診療科は、眼科や耳鼻咽喉科など部位がはっきりしている名称に比べ、どこを診てくれるのか、わかりにくい印象がありました。

「脳神経内科」は、脳や脊髄、神経、筋肉の病気を診察し、脳神経外科の内科側のカウンターパート(対応相手)として位置づけられています。

手足のしびれ、めまい、うまく力が入らない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、けいれん、むせる、話しにくい(ろれつが回らない)、ものが二重に見える、頭痛、勝手に手足が動く(不随意運動)、物忘れ、意識障害などが診療対象になります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

長寿ランキング [健康短信]


米ワシントン大学健康指標測定評価研究所のグループは、世界の平均寿命や死因に関する解析結果をまとめ、医学誌『ランセット』に発表しました。

2040年には日本が平均寿命世界トップの座から2位に転落、代わってスペインが首位に浮上することが示されました。

世界全体では早期死亡の原因が感染性疾患から非感染性疾患(NCD)や外傷へとシフトする可能性が高いことも明らかにされました。

将来の早期死亡につながる危険因子として最も影響力が強いのは、高血圧、肥満、高血糖、喫煙、飲酒の5項目。

それに続くのは、大気汚染、虚血性心疾患、脳卒中、アルツハイマー病、糖尿病、交通事故、肺がんなどでした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

結核は肺の病気? [健康短信]

肺だけではない!

「結核は肺の病気」と思いがちですが、結核菌は肺以外の臓器にも病巣をつくることがあります。

 なかでも腸にできた「腸結核」は自覚症状に乏しい。

 下痢と便秘を繰り返している人は要注意です。

 特に右下腹部が痛み、発熱、食欲不振、体重の減少、疲労感などがみられます。

 病気が進行すると、血便、嘔吐などの症状が現れることもあります。

 さらに症状が進むと、腸閉塞(腸が狭くなり腸の内容物が停滞する)、腸穿孔(腸に穴があく)といった合併症が起こることもあります。

 このような重症化を防ぐためにも、腹部に少しでも違和感を覚えたら、速やかに医療機関を受診しましょう。

タグ:結核 腸結核
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

たばこと肺がん [健康短信]

 たばこと肺がん

 米・カリフォルニア州では、肺がん死亡率が米国平均より28%低い、とカリフォルニア大の研究チームが報告しました。

 同州は全米で最も早くたばこ規制を導入しており、若年者での喫煙率が著しく低下し、肺がん死亡率の低下に寄与したこともわかったということです。

 喫煙は米国における肺がんの最大90%に関連するとされ、喫煙者の肺がんリスクは非喫煙者の15~30倍と推定されている。

 研究チームのリーダーは、「年齢を問わず禁煙によるQOL向上は期待できるが、35歳以下で禁煙すれば喫煙による健康リスクはほぼ帳消しにできる。

 50歳以下で禁煙しても、喫煙に関連した疾患リスクは半減する」と、喫煙者に禁煙を呼びかけています。

タグ:喫煙 肺がん
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

台所のドクター [健康短信]

 
 キャベツ、ダイコン、小松菜、ブロッコリー、白菜などの「アブラナ科野菜」を食べている人は、がん、心疾患、脳血管疾患などの死亡リスクが低下するという研究が発表されました。

 国立がん研究センターなどの研究チームが、岩手、秋田、長野、沖縄、東京その他11保健所管内の45~74歳の男女8万8,184人を20年以上、追跡調査した結果です。

「台所のドクター」といわれるほど栄養価の高いアブラナ科野菜には、抗がん、抗炎症、抗酸化活性の作用がある「イソチオシアネート」を多く含まれています。

 イソチオシアネートは野菜などの辛味成分です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

腸と脳は [医療小文]

脳腸相関

腸と脳は密接に影響し合っています。

試験前などで緊張すると、「腹痛が起こる」「トイレに行きたくなる」という経験をした人も多いでしょう。

逆に、腸が病原菌に感染すると、脳がストレスを感じることもわかっています。

この関係を「脳腸相関」と言います。

さらに腸は独自の神経ネットワークを持ち、脳の指令がなくても動くことができます。

食べたものを運ぶ蠕動運動も栄養や水分の吸収なども腸が自ら行っています。

で、「第二の脳」とも言われます。

腸の壁面には500種類500兆もの腸内細菌が生息し、まるで植物が群生しているようなので「腸内フローラ(花畑)」とも言われます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

健康は腸から! [健康短信]


腸と腸内細菌のはたらきは、便通を快適にするばかりでなく、免疫力の向上や精神の安定など、体と心の健康と密接な関わりを持っています。

腸は広げるとテニスコートに匹敵するほどの広さがあり、免疫担当細胞がぎっしりと生息しています。

腸内細菌は食べたものを材料として、ビタミンを作ります。

ビタミンB1、B2、B6、B12、ビオチンなどです。

これらのビタミンに欠乏症が少ないのは、腸内細菌の働きが大きいのです。

喜びや幸福感をつかさどり「幸せ物質」と呼ばれる神経伝達物質のセロトニンの大部分は腸にあります。

腸内細菌のバランスが乱れると、セロトニンを生成、分泌ができなくなります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

全粒穀物を! [健康短信]

 全粒穀物を食べている人は2型糖尿病の発症が少ない、心血管疾患リスクも低下、

 と、スウェーデンとデンマークの研究チームが、デンマークの50~65歳の男女5万5,465人のデータを解析し、発表しました。

 全粒穀物であれば、ライ麦ブレッド、パスタ、オートミール、シリアルなど、どんな食品であっても効果を期待できるということです。

「今回の研究は、全粒穀物を推奨する食事ガイドラインを裏づける結果になりました。

 精白された穀物を、精白されていない全粒穀物に代えることをお勧めします」

 と、研究チームのリーダー、リカード ランドベリ教授は話しています。

タグ:全粒穀物
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

秋深し [雑感小文]


秋きぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる   藤原敏行

奥山に もみじふみわけ鳴く鹿の 声聞くときぞ 秋はかなしき   猿丸太夫

秋深き 隣は何をする人ぞ   松尾芭蕉

今日からは日本の雁ぞ 楽に寝よ  小林一茶

初霜に負けて倒れし菊の花   正岡子規

くろがねの秋の風鈴鳴りにけり  飯田蛇笏

あたたかき十一月もすみにけり  中村草田男

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

認知症を改善する睡眠パターン [医療小文]

レム睡眠の増加で認知機能が改善?

ヒトの睡眠は、大きく分けてレム睡眠とノンレム睡眠という2つの状態を交互に繰り返している。

睡眠中に急速な眼球運動が見られることからRapid Eye Movement(REM)と呼ばれるレム睡眠では脳の一部が活動を維持しており、夢を見やすく、心拍や呼吸は不規則である。

一方、ノンレム睡眠では心肺や呼吸は落ち着き、デルタ波(徐波)が検出される。

いわゆる深い睡眠とされるノンレム睡眠に比べて、浅い眠りとされるレム睡眠に対する理解はあまり深まっていない。

第12回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス(7月5~7日)で筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構(WPI-IIIS)主任研究者で准教授の林悠氏は、以前に同氏らの研究班が明らかにしたレム睡眠を制御する神経細胞群についてあらためて解説するとともに、それらを介してレム睡眠を増加させる新しいアプローチ法がパーキンソン病(PD)に伴うレム睡眠行動障害(RBD)や認知機能の改善に寄与する可能性について言及した。

加齢に伴いレム睡眠も減少する

林氏は「デルタ波が発生することで、脳内で神経伝達がされにくくなり、感覚入力が遮断されて結果的に眠りが深くなる。

脳波=脳の神経細胞から出る弱い周期性の電流。
人間の脳波は、アルファ波、ベータ波、シータ波、デルタ波の四つに分けられる。
デルタ波は、脳波が最も遅い状態。

顕在意識が働いていない状態で、深い眠りについている状態、または、無意識の状態です。

また記憶の定着や、ホルモン分泌、脳内の老廃物除去に関わることが分かってきた」と説明した。

加齢に伴い、総睡眠時間とともにノンレム睡眠は減少することが知られているが、同氏が紹介した過去の報告によると、1晩の睡眠に占めるレム睡眠の割合も新生児の50%から、19〜30歳の若年成人で22%に、高齢者で約14%に減少し、その度合いはノンレム睡眠を大きく上回っている。

同氏は「加齢とともに深いノンレム睡眠だけでなく、レム睡眠も減少している。同様の睡眠の質の変化は、認知症や糖尿病の患者、あるいは睡眠薬の服用によっても起こっている」と述べた。

レム睡眠が睡眠の質を左右する

レム睡眠の役割に着目した林氏らの研究班は、過去の報告からレム睡眠とノンレム睡眠の切り替えに関与する神経細胞群が脳幹のpons(橋)に存在すると考え、マウスを用いて神経細胞の遺伝子プロファイリングを行った。

結果、同氏らはAtoh1陽性の神経細胞群において、覚醒の促進およびレム睡眠の抑制に関わる神経細胞群を同定し、得られた知見を基に、レム睡眠を遺伝学的に阻害できるマウスの作製に成功した。

このレム睡眠制御マウスを用いて、同氏らはレム睡眠の阻害がノンレム睡眠に及ぼす影響について検討した。

結果、「レム睡眠を10分間阻害しただけではノンレム睡眠中のデルタ波に影響は認められなかったが、長時間にわたり阻害したところ、デルタ波は次第に弱まった」と同氏。

加えて、レム睡眠を阻害しない自然な状態においてもレム睡眠が長いほど直後のノンレム睡眠中のデルタ波が強まる(正の相関)ことを確認したが、覚醒時間とデルタ波との間にはそのような強い相関は認められなかったという。

これらの結果を踏まえ、同氏は、

「レム睡眠がノンレム睡眠の前にあることによってノンレム睡眠中のデルタ波を強め、記憶の定着や脳の発達に貢献している可能性がある」との見解を示した。

RBD発症の神経メカニズムの手がかりを得る

現在、林氏らは、パーキンソン病(PD)の原因の1つと考えられている蛋白質、αシヌクレインの橋への影響について研究を行っている。

αシヌクレインは、睡眠中に突然叫び声を上げたり、激しく動き回ったりする睡眠行動障害(RBD). RBDなど、他の睡眠関連障害の原因とも指摘されている。

同氏らは、マウスの橋において同定した、レム睡眠の制御に重要な神経細胞群がαシヌクレインを蓄積しやすく、損傷を受けることでRBDなどの睡眠関連症状を引き起こしている可能性がある点を指摘した。

αシヌクレインの研究は現在も継続中だが、同氏は「加齢やαシヌクレインの蓄積によってレム睡眠を促進する神経細胞群の機能が低下し、それがノンレム睡眠中のデルタ波を弱め、睡眠が断片化し、RBDなどの睡眠関連症状が出現、結果的に認知機能の低下にも寄与しているのではないか」と考察。

最後に、同氏は、

「レム睡眠を増加させるアプローチ法が発見できれば、認知機能の改善が可能になると考えられる」と展望し、発表を締めくくった。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -