So-net無料ブログ作成

誤診か? 誤解か? [それ、ウソです]

 それ、ウソです(6) 

 誤診か? 誤解か?


「先生は、腕も太く、がっしりと丈夫そうな体つきだったのに、若いころから片方の肺が弱かった。肺気腫を起こして、入院したことが二度あった。」(村上元三「長谷川伸のこと」=『オール読物』1988年7月臨時増刊号)。

『瞼の母』や『一本刀土俵入』など大衆文芸の名作を数多く残した、長谷川伸の門下からは、山岡荘八、山手樹一郎、戸川幸夫、池波正太郎、平岩弓枝など錚々たる作家が輩出しているが、村上元三は最も古い高弟の一人で、伸を「生涯の師父」と仰いだ。

 そのような人の証言ではあるが、この「肺気腫」は医者の誤診か、あるいは患者の誤解だろう。

 肺気腫とは、肺の中で酸素と炭酸ガスを交換する肺胞(両肺合わせて約3億個ある)が壊れてくる病気だ。

 肺胞には弾力性があり、ふくらんだり、縮んだりすることで空気の出し入れをしているのだが、多数の肺胞が壊れると、息を吐いても肺胞が縮まらず、肺にたくさんの空気が残ってしまう。

 呼吸がうまくできなくなり、息切れが激しくなる。

 せきやたんも多くなり、冬には悪化する。

 肺気腫が進行すると、壊れた肺胞どうしがくっつき合い、「ブラ(気腫性嚢胞)」と呼ばれる風船玉のようなふくらみができる。

 そのブラが破れて、「気胸」を起こすことがある。

 いわば肺がパンクしたようなもので、肺の中の空気が胸膜腔(肋膜のすきま)に流れ込み、肺はふくらむことができず、胸が痛く息苦しくなる。

 長谷川伸の二度の入院は、たぶん気胸を起こしたのだろう。

 しかし、退院すると、また元の元気な生活に戻ったようだ。

 そんな肺気腫はありえない。

「肺気腫は、長い歳月の間にしだいに重症化していく病気で、治るということはない。

 二度の入院は、昔、患った肺結核が原因の自然気胸か、肺尖部にはブラができやすいので、それが破れて気胸を起こしたのでしょう」というのが、北村諭・自治医大名誉教授(呼吸器内科)の解説だった。

 気胸は、いろいろな原因で起こるが、最も多くみられるのは、若い男性に起こる「自然気胸」だ。

 むろん肺気腫とは関係ない。

 肺気腫は、前段階の慢性気管支炎とまとめて、いまはCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼ばれる。

 世界の死亡原因の4位で日本の潜在患者は530万人。最大の原因は喫煙だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。