So-net無料ブログ作成

かゆみの医学=3 [医学・医療・雑感小文]

内臓の鏡

皮膚にかゆみだけがあって、発疹などの病変はなにも認められない「皮膚掻痒(そうよう)症」の原因の多くは皮膚の乾燥だ。

だがそうではなく、内臓の病気の一症状としてかゆみが生じることがある。

糖尿病とか甲状腺機能障害などのホルモンの病気、肝臓の病気、腎臓疾患、血液疾患、寄生虫、薬の副作用、ストレスなどさまざま。

「皮膚は内臓の鏡」といわれるゆえんだ。

皮膚掻痒症は老人に多くみられるが、この場合はむろん年齢は無関係。若い人でも起こる。
かゆみ止めを塗ったり、のんだりしても治らないときは、詳しい検査を受けたほうがよい。

ストレスでかゆくなるのは、ニューロ・ペプタイドという神経物質が出て、マスト細胞(肥満細胞)などの機能を活発にして、かゆみを起こすヒスタミンなどが放出されるからだ。

実際のメカニズムは、もっとややこしく複雑なのだが、簡単に説明するとそういうことになる。

円形脱毛症やニキビ、じんましんなども、神経とマスト細胞の影響を受けるので、ストレスから起こりやすい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。