So-net無料ブログ作成

袋の炎症 [医学・医療・雑感小文]

袋の炎症

大腸に「憩室」があると言われた身内の者に「年をとれば誰にでもできるんだ。心配いらない」と答えたあとで、ちょっと心配になって調べた。

『広辞苑』にも、「十二指腸・結腸に多く、しばしば炎症(憩室炎)をおこす」とある。

だが、専門書によると、十二指腸にできる憩室は、炎症を起こすことはまれで、治療の必要はない。

小腸にできる先天性の憩室はメッケル憩室と呼ばれ、2歳までの幼児期に発見されることが多い。

大腸の憩室には上行結腸にできる右側憩室と、下行結腸およびS状結腸にできる左側憩室があり、日本人には右側結腸が、欧米人には左側結腸が多くみられるという。

大腸の憩室は、年をとるにつれてできやすく、同時にたくさんできやすい。

憩室ができても普通は無症状だが、憩室内に腸の内容物がたまって炎症を起こしたり、穴があいたり、出血したりすることがある。

憩室の発生や憩室炎を予防するには、便秘をしないのがいちばん。

野菜をたくさん食べ、七分づきの米やはい芽米を常食し、リンゴをよく食べるのもよい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。