So-net無料ブログ作成

LOH症候群 [医学・医療・雑感小文]

 LOH症候群

年をとると、男性ホルモンのテストステロンの分泌が低下する。

そして心と体の諸症状、性機能の低下が起こる。LOH症候群と呼ばれる。

LOHは、英語のlate onset hypogonadismの略で、「加齢による性腺機能低下」という意味。

「LOH症候群が続いていると、単に男性の勢いが弱くなるだけではなく、高血圧、糖尿病、がん、心臓病、うつ病などの罹患(りかん)率や死亡率が高くなるという精密な疫学調査が、世界でも一流の内科、精神科、泌尿器科などの専門誌で報告されています」
と、堀江重郎・順天堂大学医学部教授。

なぜ、そんなことが起こるのか?

テストステロンが減ると、体内で不必要な物質を分解したり、必要な物質を合成したりする代謝の働きが低下する。

早くいえば、食物から得た栄養素をエネルギーに変えて利用する働きが落ちる。

すると、使われない栄養素がたまり、内臓の周りに脂肪がつくメタボリック(代謝)症候群が始まる。

メタボの原因は生活習慣とされるが、別段、生活習慣には問題はなくても、メタボになる人も多い。

それにはホルモンの低下が絡んでいるわけだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。