So-net無料ブログ作成

衣は弱かれ [医学・医療・雑感小文]

 衣は弱かれ

 11月29日は、語呂合わせで「いい服の日」だった。

「裸のサル」の人間が衣類をまとうようになったのは約7万年前だったという説がある。

「現生人類がアフリカから世界中に広がり始めたのが約10万年前、アフリカより涼しい地域に住むようになって衣類を考案したのではないか」と研究者は言っている。

衣服の起源の「気候説」だ。

人間がなぜ服を着るようになったかについては、そのほか羞恥(しゅうち)説、武装説、装飾説、貞操観念説、儀礼説など九つの原因説がある。

素人考えでは気候説が最も説得力があるように思われるが、専門家によれば、どれも一理はあるが、その反論もあり、要するに衣服の起源はそれらの総合といえるそうだ。

起源はともあれ、衣服の役割はまず皮膚を守り、体温を保つこと。

そのうえでTPO(時・所・場合)に応じてふさわしい服装をすればよい。

健康衣類の基本は、体をしめつけないこと、動きやすいことだろう。

幼児のころ、新しい服を着せてもらうその都度、母親が「衣は弱かれ、身は強かれ」と唱えたことばを思い出す…。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 1

MayKonig

また、他にも 「弱い人工知能(AI)」 と 「強い人工知能(AI)」 と言う分類の方法もあります。 「弱い人工知能(AI)」とは、ある枠の範囲で考える人工知能のこと で、ある一定の範囲では既にに人間のレベルを超えてきています。 <a href=https://jamedbook.com/1356-2/>https://jamedbook.com/1356-2/</a> さらに「Further Obserbation」と題する追補を、1798年と1799年にそれぞれ発表しました。3回目の追補は「ワクチンの接種の起源」というテーマで 1801年に発表されました。
by MayKonig (2018-11-21 21:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。