So-net無料ブログ作成

ヘルペス心得 [医学・医療・雑感小文]

 ヘルペス心得

 口唇(こうしん)ヘルペスができているときは、ウイルスも大量に出て、感染源になる。

 人との接触には注意が必要だ。

 特に相手が抗体を持っていないと重症化しやすい。
 
 赤ちゃんへのほほずりやキスなど絶対禁物。

 抗体を持っていないパートナーへのオーラルセックスで性器ヘルペスを発症させる危険性がある。
 
 アトピー性皮膚炎の人は、皮膚にバリアーがないので感染しやすく、重症化する。

 がんなどの病気で免疫力が低下している人のお見舞いも避けるべきだ。

 自分自身も患部に触れた手によって別の部位にうつることがある。

 もっとも、再発型の場合は、本人はすでに抗体を持っているのであまり神経質になる必要はない。

 だが、

 ●患部に触れた指で目を触らない。

 ●コンタクトレンズをだ液でぬらして装着しない。

 ●患部にふれた後や外用薬を塗った後は手を洗う。

 ●水ぶくれは破らない、こと。

 ウイルスがついたタオルや食器からも感染する。

 タオルの共用や酒の回し飲みなどはやめよう。

 食器についたウイルスはかなり長く生きている。

 洗剤できちんと洗おう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。