So-net無料ブログ作成

風邪の漢方薬 [医学・医療・雑感小文]

風邪の漢方薬

友あり、遠方よりEメール。

なかなか風邪が治らないので、薬局で葛根湯(かっこんとう)を求めようとしたら、

「葛根湯が効くのは、初期の風邪です」と言われた。

本当か? と。

本当だ。

おれは以前、漢方の大家の著述の手伝いをしたことがあり、漢方にはちっとばかり詳しいノダ。

漢方では、薬は、患者の「証」を診て処方する。

証とは「この患者のこの症状には、この薬が最も適している」という漢方独特の診断法だ。

「葛根湯の証」は、次のような体質と症状だ。

1 体力が中等度以上で(漢方では「実証」という)、

2 頭痛、悪寒、発熱があり、

3 しかし、汗が出る気配はなく、

4 首の後ろがこっている。

風邪のひき始めは、たいてい背筋に寒気が走り、頭が痛く、熱が出る。
この三症状に加えて、首の後ろにこわばりを感じ、汗はまだ出てないというようであれば、どんぴしゃり、葛根湯の証だ。

 だが、ほぼ同じような症状でも、じっとり汗ばんできたときは、もう葛根湯は効かない。このときに用いるのは桂枝(けいし)葛根湯という薬だ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。