So-net無料ブログ作成

酒と肝臓 [医学・医療・雑感小文]

1升酒、3日=脂肪肝

花見の季節。

「酒なくて何の己が桜かな」

─花には酒がつきものだが、酒には肝臓病がつきもの、なんてことにならないようにしたい。

肝臓に対して、アルコールはどんな害を及ぼすか。

1日3合以上の酒を長期間飲み続けていると、ある割合で肝臓の病気が起こってくる。

大まかにいって脂肪肝、アルコール性脂肪性肝炎(ASH=アッシュ)、肝線維症、肝硬変の4段階だ。

いちばん軽いのが、肝臓に脂肪がたまる脂肪肝。

1升酒を2、3日も続けるとまず100%脂肪肝ができる。

しかし肝臓がひどく侵されたわけではないから、酒を止めれば治る。

脂肪肝の症状は、多少だるい程度で、無症状の人も多い。

だが脂肪がたまって大きくなった肝臓は、手で触ると分かるし、超音波の画像にもはっきり映る。

GOT、GPTなど血液中の酵素の量をみる肝機能検査でも大体の見当はつく。

それでもアルコール換算で60㌘(ビール大瓶3本か酒3合、またはウイスキーダブル3杯)以上の酒を毎日飲み続けていると、やがてアルコール性肝硬変になる例が多い。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。