So-net無料ブログ作成

SNS経験はうつ病に効く? [健康短信]

SNS上の楽しい経験はうつ病リスクを低減しない?

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などのソーシャルメディア上で、ネガティブな発言に接する経験が多い人は、うつ病になりやすい可能性のあることが、米国の約1200人の大学生を対象とした調査で明らかになった。

 一方で、オンライン上で楽しい経験をしても、うつ病のリスクはほとんど低減しないことも示された。

 詳細は「Depression and Anxiety(うつ病と不安)」6月6日号に掲載された。

 調査の対象は、2016年に、米ウエストバージニア大学に通う18~30歳の学生1179人。

 平均年齢は20歳で、女性が62%、白人が72%を占め、約半数が独身だった。

 参加者には、ソーシャルメディア上でポジティブあるいはネガティブな発言や情報に接する頻度を尋ねた上で、質問票の回答から抑うつ症状の有無を評価した。

 研究者らによれば、一般にソーシャルメディアを利用する人の約83%はこの年齢層が占めるという。

 結果、ソーシャルメディア上でネガティブな発言に接する経験の頻度が10%増えると、抑うつ症状が現れるリスクは有意に上昇することがわかった。

 一方、ポジティブで楽しい経験の頻度が10%増えても、抑うつ症状が現れるリスクは4%減る程度にとどまっていた。

 研究を行った米ピッツバーグ大学メディア・テクノロジー・健康研究センターのBrian Primack氏は、
「ネガティブな経験がうつ病につながることは当然で、これはソーシャルメディアに限ったことではない。

 ただ、ポジティブな経験による影響力はネガティブな経験によるものを上回ると予想していたため、楽しい経験をしてもうつ病リスクはそれほど低減しないという結果には驚かされた」と話す。

 また、この結果についてPrimack氏は、ネガティブな出来事はポジティブなものよりも脳に多大な印象を与える「ネガティブバイアス」が影響した可能性を指摘している。

「いいね!」や大げさな誕生日のお祝いメッセージなど一見、肯定的な情報があふれかえるオンライン上の架空の世界では、特にこうしたネガティブバイアスに陥りやすいという。

 さらに、同氏は「既に抑うつ状態にある人は、オンライン上の発言や情報を否定的に捉えやすい」と指摘する。

 個人の性格や精神状態も重要で、普段から疎外感を感じている人はこうした悪循環に陥りやすいとしている。

 では、うつ病のリスクを下げるには、どのような対策が考えられるのか?

 Primack氏は、ソーシャルメディアの使用を控える以外に、精神科医に相談してオンライン上のネガティブな経験からの回復力を養うことを挙げている。

 専門家の一人で、米コロンビア大学医療センター精神科教授のPhilip Muskin氏も、

「ある一部の性格的な特性や障害を持つ人は些細(ささい)な出来事にも敏感で、過剰に反応してしまうことがある」として、ソーシャルメディアを使用していて否定的な感情を抱くことが増えてきたら、心理療法を試してみることを勧めている。

(HealthDay News 2018年6月7日)Copyright [コピーライト] 2018 HealthDay. All rights reserved.
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:健康

nice! 2

コメント 1

NOBsLABO

興味深いお話で、勉強になりました。
もっと気楽に、ソーシャルメディアと
付き合いたいと思います。
ポジティブなバイアスって、大事ですね。
by NOBsLABO (2018-07-24 15:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。