So-net無料ブログ作成

結核は肺の病気? [健康短信]

肺だけではない!

「結核は肺の病気」と思いがちですが、結核菌は肺以外の臓器にも病巣をつくることがあります。

 なかでも腸にできた「腸結核」は自覚症状に乏しい。

 下痢と便秘を繰り返している人は要注意です。

 特に右下腹部が痛み、発熱、食欲不振、体重の減少、疲労感などがみられます。

 病気が進行すると、血便、嘔吐などの症状が現れることもあります。

 さらに症状が進むと、腸閉塞(腸が狭くなり腸の内容物が停滞する)、腸穿孔(腸に穴があく)といった合併症が起こることもあります。

 このような重症化を防ぐためにも、腹部に少しでも違和感を覚えたら、速やかに医療機関を受診しましょう。

タグ:結核 腸結核
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。