So-net無料ブログ作成

オスラー名言抄 [健康短信]

 ペギー葉山(83)、(79)、日下武史(86)、豊田泰光(81)、根津甚八(69)、山城新伍(70)……。

 近年、肺炎で死去する知名人がふえている。

 いやいや近年に限らない。

 知名人だけではない。

 昔から肺炎は高齢者の専売特許だった。

 日本人の三大死因、がん、心臓病の次に多いのが、肺炎で、肺炎で亡くなる人の95%は高齢者だ。
 で、「肺炎は老人の友」といわれる。

 言った人は、近代の最も高名な内科医、ウィリアム・オスラーだ。

 彼は自著『内科学』第1版(19世紀末に刊行)に、「肺炎は老人のエネミー(敵)である」と書いたが、7年後の第2版では、「肺炎は老人に安らかな死をもたらすフレンド(友)である」と改めた。

 そしてオスカー自身、1919年の冬、肺炎で逝った。70歳だった。

 聖路加国際病院の日野原重明先生が、

「私の医師として、教師として生きる道を示してくれた、心の師」と仰ぐオスラーには、動脈硬化についての「人は血管とともに老いる」をはじめ多くの名言がある。

「たいていの人は、剣によるよりも、飲み過ぎ、食い過ぎによって殺される」

「医学は、患者と共に始まり、患者と共にあり、患者と共に終わる」

「人生は習慣である。子供が歩くのも、ピアニストの指が魔法のように動くのも、すべて練習のたまものだ。長期にわたる鍛錬の積み重ねが偉大なものを作る」

「仕事は、若者には希望を、中年には自信を、老いた者には安らぎをもたらす」

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。